バナー

外国人観光客を誘致する地方自治体の増加について

昨今、何かとメディアで話題になっているのが、外国人観光客の増加です。

その現象は2000年頃より現れていた事ですが、昨今の増加は目覚ましいものがあります。

特にアジア圏の富裕層の増加が顕著です。



中国、韓国、シンガポールの方々は日本に高い関心を持っています。

富裕層の方々は、購買意欲が普通の観光客より大変強く、いわゆる「爆買い」で日本経済に対して、大きな貢献をしてくれています。


近年では外国人観光客の増加を期待し、様々な設備を整える地方自治体が現れました。

多くの人々を誘致するには、まず投資が必要です。

中国語の看板やハングルを明記したパンフレット等、地方自治体や地元企業が取り組める要素は多々あります。

地方自治体と地元企業が一丸になる事が、誘致の必須条件です。



特に外国人観光客の中でも購買意欲が高い中国の方々には、手厚いサポートが要ります。


地元の郷土料理を海外に向けてPRする、伝統的なお祭りや音楽の映像を記録しネットにアップする、SNSを活用し、世界中に向けて地元のオトク情報を発信する等、現代的なツールを活かした取り組みが大事です。



また誘致する際は、地元住民との協力も大切になるでしょう。

観光客が増えますと地元の環境が一変しますので、外国人観光客を広く呼びこむ際は、必ず住人とコミュニケーションを取り、彼らの納得を得てから作業に着手すべきです。


文化が違う外国人観光客と地元住民が上手く共存し、共に理解し合う、それが今後の誘致活動にとって重要な要素です。